スポンサーサイト

--.--.-- --:--:-- category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

#52 E3 2012

2012.06.04 05:41:17 category : leftwords
嘘つきに与えられる刑罰は、少なくとも彼が人から信じられなくなるということではない。
むしろ、彼が誰をも信じられなくなるということである。
 (バーナード・ショー)
開き直った嘘つきには、そんな罰でさえ生ぬるい。
 お久しぶりです。昔ここを読んでらっしゃった方はお元気でしょうか。僕は元気です。幸か不幸か、まだゲームを楽しんでます。

ここ数年ですっかり文章を書く、ということから遠ざかってしまって、気がつくと「書こう!」と思ってもなかなか手が動いてくれなくなりました。まだ衰えというものを口にだすような年齢ではない…と信じたいのですが、インスタントコーヒーとタバコ、ブラックブラックキャンディを友にしてひたすらAptivaのキーボードをがちゃがちゃやってたときは、何でこんなに書くんだというくらい書いてたんですけど…。まあ、それはそれとして。

今回は、いよいよ今週から開催されるE3 2012について、ちょっと思うことを色々と書いてみたいと思います。

 今年のE3では、何と言っても任天堂の次世代機Wii Uの本格的なお披露目があります。去年は名称と本体・コントローラの概要といくつかのデモゲームがお披露目されていますが、その実像はいまだに明らかになっていません。今回は、これを書いている今からあと数時間すると、E3に先駆けてニンテンドーダイレクトが世界同時配信されるようです。そこで、幾らかはWii Uの情報が明らかになるのでしょうか。ともあれ、今週末までにはある程度「こういうものだ」というのが明らかになることでしょう。

 
 先代に倣ったわけでもないでしょうが、Wii Uを取り巻く周囲の声も、先代に負けず劣らず賛否両論です。特に昨今、ソーシャルゲームに押されてゲーム専用機は元気が無いんじゃないか、いやむしろもう先がないんじゃないか、というような論調が強くなっています。個人的には、Wii発表前の時よりも向かい風は強くなっているのではないかな、と感じます。

 これには、「ゲーム機の、あるいはゲームの何がすごくなれば嬉しいのか」が、代を重ねるごとにはっきりしなくなってきているというのもあると思います。それこそゲームキューブの時には、なめらかなポリゴンで描かれたゲーム画面の写真一枚観るにしても、それはもうわくわくしたものです。ですが今は、もう行き着くところまでいっちゃってるなあ、という感があります。ネットワークにしても、今世代では既に「つながって当たり前」の要素になってしまいました。もっとも、その繋がったネットをどう使ってくるか、というところには、まだ進化の余地はあるように思いますが…。

 もちろん、グラフィックにしてもネットワークにしても、今後はさらに凄いものがでてくるとは思いますし、そうあってほしいと僕も思っています。ただ、それがゲームの面白さにどれだけ寄与できるのだろうか、と疑問に思ってしまうんですね。逆に、特にHD解像度に対応してからのゲーム作りに関しては、とにかくその開発負荷が高い、という話ばかりが聞こえてきます。ゲームの魅力を高めるはずの性能が、逆にゲーム作りを苦しいものにしてるのではないか、とまで思ってしまいます。


 そういった中で、Wii Uもついに任天堂のゲーム機としてはHD解像度に対応してきます。そして、今度のコントローラは、ある意味ではDSのタッチスクリーンやWiiリモコン以上に奇異に見えるタブレット型コントローラです。それでどういったゲームを遊ばせてくれるのか、どういった遊びを実現しようとしているのか。今週は、そのあたりについて何らかの答えが見えてくることを期待しています。

 というわけで、はなはだあっさり書いた感じですが、今回はここまで。
FC2 Management

テーマ : 任天堂
ジャンル : ゲーム

#51 Wiiについて 2

2011.06.11 03:24:31 category : Long Writings
奴等は金を払い 罵声を浴びせ
血を見た後 和やかにそれを語り
会場を出て うまいビールを飲み
きっと今日のことなどまた忘れてしまうだろう
 (ヒートウェイヴ「ファイティングマン」)
君は自分の器と闘い続けていた。

(前回の記事はこちらです。)

 DSに続く、そしてひょっとするとDSよりもチャンレンジャブルなゲーム機――。Wiiという、名前からしてこれまでのゲーム機とは一線を画したゲーム機は、十分にその目新しさ、斬新さをアピールして発売されました。しかして、予想通りWiiの当初の売れ行きは凄まじいものがありました。しばらくは「争奪戦」と言われるほどの品不足状態が続いたほどです。新しいハードの発売時にはつきものとはいえ、Wiiのそれは桁違いだったと言えます。

 そしてこれまた予想通り、「Wii Sports」の評価も至極高いものでした。何より、「リモコンによるコントロール」という新鮮な体験を余すところなく体験できた点が素晴らしいゲームだったと思います。北米などでは本体に同梱されたから、ということもありますが、「Wii Sports」は現時点で「世界で一番売れたゲームソフト」になりました。そしてそんなWiiの快進撃を目の当たりにした人々の多くはこう思ったはずです。発売時のゲームでこれだけ楽しめたのだから、これからはもっともっと楽しいゲームが出てくるに違いない、と。

続きを読む

テーマ : Wii(ウィー)総合
ジャンル : ゲーム

tag : Wii 任天堂

#50 from psg to PCM #1

2011.04.29 06:00:00 category : From psg to PCM
 4月29日26時から1時間ほど、USTREAMでラジオを配信しようと思います。

 主に、ゲーム全般のことについて喋ったり、ゲームミュージックをご紹介したり、といった、のんびりした内容になると思います。拙いながら、興味がおありな方はお付き合いいただければ幸いです。

 お聴きになりたい方は、こちらからどうぞ。

 

テーマ : 日記・雑記
ジャンル : ゲーム

カレンダー
09 | 2014/10 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
未分類 (2)
leftwords (34)
From psg to PCM (4)
Long Writings (5)
Gamelife (8)
リンク
プロフィール

Author:Bloodpool
TwitterID:nextend
マニアでもない、
ライトでもない、
そういうあたりに漂う
しがないゲームファンです。

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
Counter

recommend

テクニクビート

燃えろ!熱血リズム魂 押忍! 闘え! 応援団2

XIゴ(サイゴ)

探偵・癸生川凌介事件譚 仮面幻影殺人事件



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。